もっと光を!太陽光発電ライフin盛岡
岩手県盛岡発♪エコしながらトクできないか?なんてムシの良い事を考えてたら、太陽光発電システムを発見!迷った挙句に一念発起で購入する事にしたが、はたしてホントにトクなのか?ホント売れるの?を書き綴る。
プロフィール

Author:しゅう
●岩手県盛岡市
●平成23年1月太陽光発電開始
●サンヨーHIT4.2kw搭載

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者数

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電の意味
宮古に行ってきました。
宮古では今朝7時から避難訓練が行われておりましたし、各所でも慰霊祭が行われていました。

あちこち見てきましたが、今回は写真を撮るのはやめました。
jyodogahama.jpg

むしろ早くこんなキレイな宮古に戻ることを祈って浄土ヶ浜の画像を載せます。
浄土ヶ浜は呼んで字のごとく「さながら極楽浄土のごとし」と思わせる、なんともキレイな場所です。

われわれだと観光より、泳いだり、日焼けしたりという思い出が多いですが、いつも多くの観光客が来ていました。
一日も早くそんな海に戻ってほしいです。

さて、太陽光発電システムをつけてらっしゃる皆さんは「環境にいい」、「光熱費を下げられる。」そんなことが検討材料じゃないでしょうか?私もそうです。

ただ太陽光発電はもうひとつ重要な役割があります。
災害時の自立運転による、自家発電です。

私は震災の3月、再び4月に起きた地震、計2回の大停電にもかかわらず、昼のみですが、太陽光発電のおかげでテレビをみたり携帯の充電をしたりできました。

災害時ですから、これがどれだけ大きい意味をなしたか?

こんな非常時はとにかく携帯で連絡、メールしまくります。へたすりゃワンセグのテレビも見るでしょう。
比例して携帯の電池は即減っていきます。
コンビニに電池を買いに行ってもときすでに遅し、考えることはみな同じで、電池や充電器は店頭から一切消え去っています。

そんなときも充電できるんです。

そのほかにウチでテレビも見れます。
このときほど情報がほしいはずです。


ホント!助かりますよ!
震災はもう起きてほしくないけど、普段はエコで、光熱費を安くしてくれたりのパートナーが停電時は自家発電機になるなんて!

その当時にブログはコチラ⇒またも地震!今回も自立モードに助けられる。


つけていない皆様も、ご検討されたらいかがでしょうか?


さて、ここ2日マジメなブログになってしまいましたが、おそらく明日からまた「くだらな系」に戻ると思いますので、ご期待ください。え?期待してない?


IMG01501-20120311-1530.jpg

良かったらクリック♪お願いします。
人気ブログランキングへ太陽光発電の宮崎商店にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ




    スポンサーサイト

    テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

    あれからもう1年がたちます。
    さてさて、今日はまじめな話を・・・・

    miyakoshi.jpg
    震災当時この画像はあまりに有名だったかなと思います。
    私の故郷「宮古市」の市役所脇の閉伊側に津波が押し寄せ、そしてこの後街を飲みこんでいく瞬間です。

    真っ黒な濁流がこの後、町の中心地まで襲います。
    それから数日後の画像はこちらです。⇒(旧ブログ)


    ところでテレビなどで、津波がそこまできているのに、警察、消防などに「逃げろ」と言われているのに、撮影してたり見物してたりする人の映像が出てきますよね。

    今思えば、何を悠長なことを・・・と思います。

    ただ・・・

    私は小さな頃から津波警報を何度も聞いてきました。
    高校卒業と同時に宮古を出たので、18年間聞いていたことになります。

    私の親など何十年と津波警報を聞いてきました。
    避難訓練だってもちろんありましたよ。

    けど、地震が来ても、いつも結果は津波は30cmでしたとか高くても1mでした。とか・・・
    それが何十年と繰り返されたわけです。

    次第に津波は結局来ないのでは?なんて気持ちも正直あったと思います。
    いわゆるオオカミ少年の類になってしまっていたのではないかと。

    ですからウチの親も例外ではなく、去年の震災時にもすぐには逃げませんでした。
    かろうじて実家は難を逃れたからこそ助かっているのですが、正直偶然助かったようなもんです。


    全国の中には「なぜもっと早く逃げなかったの?」なんて思うかもしれません。
    でも、これが慣れというものなのでしょう。
    いつしか、自分で勝手に基準を作ってしまっているのかもしれませんね。

    やはりご先祖の残した教訓は、風化させてはいけないのだと思います。


    明日は3月11日


    あれから1年です。
    改めてお亡くなりにならられた方に心よりご冥福をお祈りいたします。
    そして、被災された方が一日も早く以前と同じ生活に戻れますようお祈りいたします。

    私も今日、明日は宮古市の実家に行ってきます。合掌



    IMG01495-20120310-0520.jpg


    良かったらクリック♪お願いします。
    人気ブログランキングへ太陽光発電の宮崎商店にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ





      テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

      被災地は今。山田町に行ってきました。
      昨日は宮古の実家に泊まりでした。

      それで時間もあったのでお隣の山田町に行ってみました。
      最近こそないですが、昔は仕事でしょっちゅう行ったもんです。

      この町には私の大好きなうどん屋さん「釜揚げ屋」さんがあり、出張すれば馬鹿の一つ覚えのように通っていました。
      今は跡形もないので、いつ復活してくれるかもわかりません。復活したら必ず行きたい店のひとつなんです。


      さて・・山田の海は「震災なんてあったっけ?」なんて言わんばかりの、穏やかでキラキラと輝きを放っています。
      ホントこのシーンは震災前と変わりありません。
      IMG00870-20110925-1115_convert_20110925192101.jpg

      しかしちょっと船越方面へ走ってみると、よく長男を連れて行った海辺はクルマの山。茶色いので木材にも見えますが、海水で錆びてしまったクルマ達なんです。クルマをサイコロ上にプレスしていました。途方もない量です。
      IMG00868-20110925-1111_convert_20110925192027.jpg

      一方ここは昔は遊園地(マリンパーク山田)だったところ。奥に見える白い建物が鯨の科学館ですが、そのまわりには瓦礫の山。写真では伝わりにくいですが、相当な量でまさに山と化しています。
      IMG00869-20110925-1112_convert_20110925192046.jpg

      ところどころに建物はポツンポツンと残っていましたが、それこそ町の面影はありません。
      それでもところどころ、修繕して開店しているお店もあって少しずつですが活気が戻っている様子もあります。
      「シマムラ」もメチャメチャ混んでました。
      IMG00871-20110925-1119_convert_20110925192125.jpg

      前回田老町を見ましたが、復興は始まったばかり。まだまだ住宅の問題や、仕事の問題等山積みです。
      時間がたつにつれ、テレビでも伝える回数がすくなくなってきたり、ボランティアも少なくなってきたりしていますが、まだまだいろんな方のチカラが必要です。

      風化させずに、引き続き応援したいものです。



      さて昨日は久しぶりの瞬間4whもでましたが
      IMG00867-20110924-1122_convert_20110925192003.jpg
      意外にその後失速したようで・・・17.3kwh。
      1kシステムあたり4.11kwh


      良かったらクリック♪お願いします。
      人気ブログランキングへ太陽光発電の宮崎商店にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ




        テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

        「セシウムさん」のテロップを作った本人が解雇だそうだ。
        東海テレビで「セシウムさん」のテロップを作った本人が解雇だそうだ。ま、そりゃそうだ。ただ・・・トカゲの尻尾切りにならない事だけを望みます。

        テロップを作った理由について「前日の新聞に汚染(の報道)とかあり、その中でそういう言葉が頭に浮かんでパッと作ってしまった」「オンエアに出るとは思わず、思い付いたことを文章に入れてしまった」と話した。
        スタッフは30年近く、この業務に関わってきたといい、プロ意識が欠けているとの指摘に「思い付き」と繰り返し、番組関係者を困らせる意図もなかったとした。

        当時の放送はコチラ⇒当時の放送(YouTube)

        悪意はないんだと。業界の50歳のおっさんの一般常識はこの程度だと・・・いう事。
        それ考えるとテレビって恐いですね。
        ブラックユーモア?のつもりだったのでしょうか?ノリじゃ済まね~よ。

        東海テレビの検証番組はコチラ⇒検証番組(東海テレビ)




        ・・・と考えると、最近マジで笑えない番組もちょこちょこある。


        いつだったか「その顔が見てみたい」で藤岡弘がドミノを仲間と力を合わせ並べていって、最後に皆で倒そうって企画があった。

        ドッキリの内容は簡単。苦心の末出来あがった作品をADが間違って倒してしまうというもの。
        ADが倒しても必死に藤岡さんが途中で停止させ、事なきを得たかと思うと、再びADが倒し全滅させる内容だった。


        ドッキリの直後、藤岡さんは、一緒に作った仲間に申し訳ない気持ちになり、雄たけびを上げていた。マジメな人だ。
        最後にスタッフがドッキリです。と説明したが、見ているほうはものすごく不快な気持になった。


        正直クソ番組だった。


        藤岡さんの真面目さ、誠実さがさんざん出ていたので、ドッキリの時は悲しい気持ちが勝ち、もう笑える訳がない。
        この番組の制作側の人・・・ノリなのだろうか?それとも業界が長くて感覚が麻痺してるのだろうか?


        ・・・ま、この事は芸能界だけではない事も事実。
        ビジネスの中でも、風習や前例で片付けてしまうものも多い。

        今一度、小学校の道徳からやり直したほうが良いかもしれない。

        P1000122.jpg


        良かったらクリック♪お願いします。
        人気ブログランキングへ太陽光発電の宮崎商店にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ




          テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

          福島へ中間貯蔵施設。
          昨日から、福島へ中間貯蔵施設をという話がニュースで流れている。

          合理的な考えからすると、今現在汚染の強い地域へという事だろうが、住んでいる人、戻りたい人からすると気が遠くなる話だ。・・・かと言って他の県で受け入れができるか?陸前高田市の松だけでも、あれだけもめたのに。

          ・・・じゃあ海外に?まだまだ先が見えないなぁ。


          さて、そんななかで自然エネルギーのほうは昨日は頑張ったようです。
          今は自分で出来るこのエネルギーを大切に使っていこう。
          IMG00787-20110828-0625_convert_20110828071006.jpg
          良かったらクリック♪お願いします。
          人気ブログランキングへ太陽光発電の宮崎商店にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ




            テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ


            上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。